樟南高等学校 スクールガイド2021
31/32

※文理コース奨学生については、下宿代等の定額補助もあります。 ※奨学制度は、重複しては受給できません。(どちらか有利な方を受給できます) ※毎月の授業料・諸費には教材費は含まれておりません。※保護者が両親以外の場合は、その保護者の所得で判断します。 ※就学支援金の申請には、マイナンバーの提出が必要です。0円 ~ 154,499円154,500円 ~ 304,199円 304,200円以上授業料補助入学金補助4 生活保護世帯5 家計急変世帯入学金を支払った保護者が、上記「授業料補助」要件1~4に該当する場合月額: 33,000円 (年額:396,000円)月額: 9,900円 (年額:118,800円) 0円 (支給なし)※令和2年度の課税額で判断します。文理コース文理コース入学金納入内訳奨学金(給付)対象科・コース対象条件名 称授業料等0(免除)50,000(半額)0(免除)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)50,000(半額)41,00020,50041,00041,00041,00010,00020,50020,50010,00020,50020,50020,50010,20030,70030,70030,70041,20010,20010,20010,20030,70030,70030,70041,200全科全コース英数コース未来創造コース商業科 工業科未来創造コース商業科 工業科未来創造コース未来創造コース全科・全コース◎文理コースの入学者で奨学生として認定された生徒◎文理コースの推薦入試合格の生徒(単位:円及び月額)◎文理コースの入学者で奨学生として認定された生徒◎学力・スポーツ・文化活動など特に優秀と認定された生徒◎英数コースの推薦入試合格の生徒◎学力・スポーツ・文化活動など優秀と認定された生徒◎兄姉が本校に在学している生徒(兄姉在籍中の弟妹)◎双生児等で在学する生徒(弟妹)◎未来創造コースの自己アピール型入試入学者で、奨学生として 認定された生徒◎父母または兄姉が本校の卒業生である生徒(申請が必要)◎生活保護世帯の生徒(申請が必要)※入学手続き時に「生活保護受給証明書」の提出が必要◎未来創造コースの推薦入試合格の生徒で、 特に「生徒会長・副会長」「部活動主将・副主将」の経験者◎商業科・工業科の推薦入試合格の生徒◎未来創造コースの推薦入試合格の生徒学力・スポーツ等兄姉在学奨学生双生児等在学奨学生未来創造コース自己アピール型奨学生C奨学生B奨学生推薦入試C奨学生 現在、高校等に通う生徒に対して、保護者の授業料負担を軽減するため「高等学校等就学支援金」が国より支給されます。この就学支援金は、学校が生徒に代わって受領し、授業料に充当します。なお、就学支援金の支給額は次のとおりとなっています。計算式による算出額の合計額(両親分)就学支援金支給額補助金の交付対象者補助金の区分月額:4,950円(年額:59,400円)月額:9,900円(年額:118,800円)年額:5,650円補助金額(令和2年度)特別奨学生1. 時任学園奨学生制度(学園)2. 高等学校等就学支援金制度(国) ※令和2年7月分以降 県内私立高校に通学する生徒の保護者(県内在住者)の経済的負担を軽減するため、父母等保護者の所得などが一定の要件に該当する場合に、その入学金及び授業料に対し、県から一部補助があります。⑴鹿児島県育英財団‥‥‥自宅通学生に月額30,000円、自宅外通学生に月額35,000円が貸与されます。⑵鹿児島市奨学制度‥‥‥月額30,000円が貸与されます。⑶交通遺児育英会‥‥‥‥交通遺児に対して月額20,000円、30,000円、40,000円から選択して貸与されます。⑷あしなが育英会‥‥‥‥交通事故を除く、病気遺児ならびに災害遺児に対して月額50,000円(貸与30,000円・給付20,000円)が貸与・給付されます。⑸各市町村の奨学制度‥‥各市町村によって異なります。⑹その他各奨学金3. 私立高等学校入学金・授業料軽減費補助金(県)4. その他の奨学制度(令和2年度)授業料諸 費合 計41,000円10,200円51,200円1 保護者の『市町村民税』が非課税の世帯2 保護者の『市町村民税』が均等割のみである世帯3 児童養護施設等に入所している生徒の授業料等の負担者A奨学生B奨学生A奨学生B奨学生Ⅰ学校納金Ⅱ各種の奨学制度判定基準:次の計算式(親権者の合計)により判定     市町村民税の課税標準額×6% ー 市町村民税の調整控除額計算式学校納金及び各種奨学生制度SHONAN HIGH SCHOOL GUIDE 2021 30

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る