同窓会開催 「来年は130周年!」

平成24年度樟南高等学校同窓会は3日夜、鹿児島市荒田のジェイドガーデンパレス鹿児島であり、前身の鹿児島商工高等学校をはじめ、教職員を含め大勢の参加者でにぎわいました。各テーブルでは懐古談義などに話の花が咲き、締めくくりは全員で円陣を組み校歌を合唱、「来年また会いましょう」の声で閉会しました。
会では初めに、平成24年度の決算と事業報告並びに同25年度の予算案、事業計画案が審議され、それぞれ原案通り承認、可決されました。懇親会に先立っての記念講演では、フリーアナウンサーの宮原 恵津子さんが「お楽しみはこれから!」と題して、良い歳の取り方,高齢者の特性やマナー等ユーモアたっぷりにしかもためになる講演され、参加者は熱心に耳を傾けていました。
本校は明治16年(1883)創立の進学塾「博約義塾」を前身として、博約鉄道学校(大正5年4月~14年3月)、鹿児島鉄道学校(大正14年4月~昭和25年3月)、鹿児島鉄道高等学校(昭和25年4月~昭和35年3月)、鹿児島商工高等学校(昭和35年4月~平成6年3月)、そして樟南高校(平成6年4月~現在)と校名変更が行われる中、それぞれの時代の要請に応じた多くの優秀な人材を世に送り出しています。
来年も11月第1土曜日を予定しています。ぜひ、来年もご参加ください。

 
同窓会長の挨拶 講師の宮原 恵津子さん
受付の様子 寄付者に同窓会オリジナルタオルのプレゼント
 
懇親会の様子

 

«

»